Fearに繋がる?SEVENTEEN「Darl+ing(ダーリン)」のMVのエンディングの考察をチェック!

Sponsored Links
SEVENTEEN
Sponsored Links
Sponsored Links

SEVENTEEN(セブチ)がリリースした新曲「Darl+ing(ダーリン)」。

「Darl+ing(ダーリン)」はSEVENTEENの初めての英語シングルで、世界中から注目が集まっていますよね。

今日、「Darl+ing(ダーリン)」のMVが公開され、CARATの間で色々な考察が盛り上がっています!

こちらがYouTubeに公開されたSEVENTEEN(セブチ)「Darl+ing(ダーリン)」のMVです。

スウィートな雰囲気の曲で、聴いているだけで癒されますよね。

「Darl+ing(ダーリン)」のMVでは、ピーターパンのような世界観が話題になっていて、考察が盛り上がっています。

エンディングも衝撃的でした!

エンディングでは平和だった世界が崩れて、暗い怖い世界に一変します。

メンバーも傷だらけになっていて、ビックリな展開でしたよね。

ウォヌの目、皆既月食のようなシーンも不思議で、どんな意味なのか気になります。

多く考察されているのが「Fear」との関係です!

最後のシーンで、左の壁に「FEAR IS COMING」という文が書かれていました。(3分17秒ごろ)

「Fear」はSEVENTEENが2019年9月にリリースした曲で、「Darling」とは正反対のダークな曲ですよね。

「Darl+ing(ダーリン)」と「FEAR」がどう繋がるのか、今後のストーリーが楽しみですね。

おそらくSEVENTEENが5月にリリースする新アルバムに関係していて、どんな新曲なのか気になります!

ぜひチェックしてみて下さい♪

タイトルとURLをコピーしました