SEVENTEEN「Darl+ing(ダーリン)」の意味は?「+」の意味が気になる!CARATに向けた歌?

Sponsored Links
SEVENTEEN
Sponsored Links
Sponsored Links

13人組の人気ボーイズグループSEVENTEEN(セブチ)。

先日、SEVENTEENはオフライン&オンラインでのペンミを開催し、世界中のCARATが盛り上がっていましたね。

そんなSEVENTEENの新曲「Darl+ing(ダーリン)」が話題になっています!

こちらがSEVENTEEN(セブチ)の公式ツイッターに投稿された「Darl+ing(ダーリン)」のタイトルポスターです。

「Darl+ing」はデジタルシングルの新曲で、そのタイトルが注目されていますね。

「Darling(ダーリン)」というと、日本では女性から男性の恋人のことを呼ぶイメージが強いですよね。

海外では、夫婦やカップル、親しい間柄の人のことを呼ぶ時に「Darling(ダーリン)」が使用されるようです。

男性から女性のことを「Darling(ダーリン)」と呼ぶこともあるみたいですね。

そして、今回のSEVENTEEN(セブチ)の新曲「Darl+ing」には、「Darl」と「ing」の間に「+」が入っていました!

「Darl」そのものの意味はおそらく無いと思われるので、「Darling」に何か意味を持たせていると考えられます。

発表された内容によると、「+(足し算記号)」を付けたのは「特別な君と僕が出会い、僕達として完全な一つになろう」 という意味を含ませるためで、素敵なアイディアですよね!

今後リリースされるSEVENTEEN「Darling」をお見逃しなく♪

タイトルとURLをコピーしました