NCT127悠太のソロ曲「Butterfly」に感動!作詞作曲、振り付けまで、悠太の思いが詰まったパフォーマンスがカッコ良すぎる!

Sponsored Links
NCT
Sponsored Links
Sponsored Links

12月17日、18日、19日、3日間にわたってオフラインコンサート「NEO CITY : SEOUL – THE LINK」を開催したNCT127(イリチル)。

久しぶりのNCT127の対面コンサートで、多くのシズニーが楽しみに待ってましたよね。

今日、19日のコンサートはオフラインだけでなく、オンライン配信もあり、世界中のファンが一緒に楽しみましたね。

「NEO CITY : SEOUL – THE LINK」では、NCT127メンバーのソロステージが話題になりました!

こちらは「NEO CITY : SEOUL – THE LINK」を終えて、NCT127悠太(ユウタ)の個人インスタグラムに投稿された写真です。

悠太のソロ曲のタイトルは「Butterfly」で、メンバーの中で最後に披露されましたね。

「Butterfly」は悠太自身が作詞作曲、振り付けにも関わったそうで、特別な思いが感じられます!

悠太のお腹には蝶のタトゥーがありますが、「Butterfly」のパフォーマンスの中で、その蝶のタトゥーが活かされるポイントがありましたね。

今回投稿された写真には、スタンドマイクを持った悠太が写されていて、とても美しく、感動的な写真でした😆

「NEO CITY : SEOUL – THE LINK」で披露された他のNCT127メンバーのソロステージも素敵でした!

ラップやダンス、ボーカル、それぞれの個性があって、見ごたえ満載のパフォーマンスでしたよね。

NCT2021や年末の音楽祭のスケジュールで時間が無かった中、クオリティーの高いコンサートを開催し、NCT127は本当に凄いです!

1月には日本でのコンサート開催が予定されているので、ぜひチェックしてみて下さい♪

タイトルとURLをコピーしました